sasaharayuugo.net

数学の基礎付け

この数学の基礎付けっていうのは、二つのパートに分かれている。

一つは、要するに小学生や中学生の算数オリンピックの問題を、平行分岐するプログラミング言語みたいなもので統一的に記述できるという研究。
https://sasaharayuugo.net/kurorekishi/after10/2019_05_25_140213.html
https://sasaharayuugo.net/kurorekishi/after10/2019_06_10_120727.html
ちなみにこの計算量を減らすっていうのは、元々の記述にちょっと書き加えるだけでは駄目で、単純な並び替えアルゴリズムと最適化された並び替えアルゴリズムの違いぐらいに、根本的に書き換える必要がある。

プログラミング言語でテトリスを書くみたいに、大体の問題にはこの記述法で対応できる。
統一的に記述しようとするとこうなるはずで、「変数Aが確定しないように変数Bを設定する」だとか「A∪B == C」だとかの機能もあったけど、研究の続きをする人は自分でその場その場で機能を考えて加えていってほしい。
線形代数の連続的な増加はこう記述した。https://sasaharayuugo.net/kurorekishi/after10/2019_09_09_151517.html
途中にゲーム専用の記述法とかもあったけど、これはいらない気もする。https://sasaharayuugo.net/kurorekishi/after10/2019_08_16_211728.htmlの一番上の問題だけど。

で2つ目が、それで記述できなかったユークリッド幾何学の自動解答の模索。下2つで大体の概要は掴めるんじゃないかと思う。
https://sasaharayuugo.net/kurorekishi/after10/2019_10_27_171732.html(スマホで見ると表示がガタガタになる。パッと直し方が分からないし、全員に読ませることが目的の文章では無いので直さない。申し訳ない。これは、2つの角と間の辺が同じだったら他も同じ、みたいなのをpythonで機械的にやっているだけだ)
https://sasaharayuugo.net/kurorekishi/after10/2020_01_03_211211.html

人間の思考を率直に再現するならグラフ+αみたいになるはずで、その場合は角の和を検出するために辺の並びを時計回りで、その不確定さも含めて把握する必要があって、自分のよりもっと良い方法がある気がする。

すごく大雑把なんで、雰囲気さえ掴めれば良いというか、それで頭の良い人なら自分で実装できるんじゃないかと思う。研究の方向性として正しいというだけで、あまり厳密さを期待しないでほしい。正直自分でももうよく分からない。概要さえ把握できれば、後は結構誰でも思いつくようなことしか書いてなかったはず。

これらがそれでも記述できなかった問題。
https://sasaharayuugo.net/kurorekishi/after10/2020_01_30_081314.html
https://sasaharayuugo.net/kurorekishi/after10/2020_01_30_081328.html
https://sasaharayuugo.net/kurorekishi/after10/2020_01_30_081340.html
https://sasaharayuugo.net/kurorekishi/after10/2020_01_30_081353.html
https://sasaharayuugo.net/kurorekishi/after10/2020_01_30_081405.html
https://sasaharayuugo.net/kurorekishi/after10/2020_01_30_081417.html
https://sasaharayuugo.net/kurorekishi/after10/2020_01_30_081429.html
https://sasaharayuugo.net/kurorekishi/after10/2020_01_30_081440.html

自分は今、コンピューターサイエンス学部で習うようなこと(主にOSとコンパイラ、後はこまごまと、ってまあその二つもそこまで深くは勉強してないけど。OSはソースコードを読む限りかなり実用向けに作られていて、未来の人間が高校とかで同じ勉強をすべきかは分からない。今は本を読んでも分からない所があったりするが、全体的にとりあえず分かった気になる段階があるはずで、そこを目指してはいるが。学部生向けに作られた教材なんで可能だろうと考えている。今は処理を追うだけしかできず、なぜの部分が分からないが、おそらく起動やプロセスの生成やスケジューリングなどを抑えれば漠然とした全体像を掴むことぐらいはできるんじゃないかという仮説を立てている。全体像を得られれば深めていくことができる、そうじゃなければ今までの勉強は無駄になるんじゃないかと)を勉強していて、本当に最悪の場合は自分で実装することも考えている。あと高校や大学や大学院ぐらいの数学まで範囲を広げるつもりでいる。
(当然俺にそんな決定権は無いんだが、一個人として自分の研究で一教科内ですら今より大変になってほしくないとは思う。変に解釈されて皆マイクロカーネルを勉強するようになるっていうのは考えすぎなんだろうか。学びたい人間が学べるようになっていたら良いとは思うが、皆が一緒に勉強するものは少ないほうが良いと俺個人は思う。いや、マイクロカーネルで超超短くなる万が一のために可能性を消さない方が良いのかな?と一応考えた書き方だったのは事実だが。まああんまりゴチャゴチャ書くべきじゃないんだろうが、あのfacebookアカウントの複数の意味を持たせるというコンセプトは悪かったし、それ以前に西洋や東洋哲学のいろいろな決定権を持ってしまうあり方もどうかと思う。あと信じてもらえないだろうけど集合的無意識はある。)
(いろんな人に対してはどうもすみませんでしたとしか言うことは無い。あと集合的無意識はあるというのは、俺を疑わせるための方便とかそういういかにも東洋的な話で無く、マジなのはfacebookの最初の頃の書き込みをちょっとでも見てもらえれば分かると思う。ハッキリ書くなら、『東京奇譚集』は立ち読み部分しか読んでおらず、実話しか乗っていない本だと思っていた。ただ、変な現象が起きたように見えるのは最後の話だけだと思うし、あれぐらいなら全然偶然でも起こり得ると俺個人は思う。少なくとも仕込んでいないのは確かだ。俺にとって重要なのは、信頼されている作家がセンサーに引っかかったと発言しているというただそれだけだった。『現代の社会と思想について』でも並びに意味を持たせてしまっているのは残念ながら事実で、こうなるのも俺のせいなんだが、誰か実際の本を読んでさっさとこの状況を終わらせてほしいと思う、普通に匿名で買えるような仕組みになっているのだし。100%疑うっていうのは、否定を確定させているという意味で、例えば全体があれば肯定と似たようなものだと思う。)